リヴァプールの補強に不満のジェラード 「アリを獲得するべきだった」

ロサンゼルス・ギャラクシーMFスティーブン・ジェラードは、古巣リヴァプールがトッテナムMFデレ・アリを獲得するべきだったと考えているようだ。イギリス『BTスポーツ』が元イングランド代表のコメントを伝えている。

今年1月にジェラードはリヴァプール退団を発表したが、その1週間後にトッテナムへの移籍を決めた19歳の新星が、彼の後継者として理想的だったと話す。2014年にアリは「僕がリヴァプールを応援する大きな理由は、ジェラードの存在だ」と語っていただけに、ジェラードにとってはもどかしいのだろう。

「リヴァプールが彼と契約を結ばなかったことにがっかりしている。僕との契約が終わろうとしていたのだから、リヴァプールは彼の獲得に動くべきだった」

「今後10年、15年に渡ってリヴァプールで活躍できる選手だった。それくらいの能力は持っている」と、トッテナムに加入した若手を絶賛した。

1月にトッテナムへの移籍が決まったアリは、その後、半年は期限付き移籍でMKドンズでプレー。今夏、トッテナムに加入すると、公式戦18試合に出場し、17日に行われたフランス代表戦で代表初ゴールも記録している。